カバラ生命の木

カバラ生命の木ー集合的無意識が気になった

Pocket

生命の木講座全3回が終了しました。

たくさんの発見、気づきが得られ、本当に目から鱗がボロボロ落ちていく、そんな講座でした。

過去2回は都合により参加できなかったので、動画での受講でしたが、やはり会場に行くと違った感覚があります。
特に何か質問するわけでもないけれど、臨場感とか、参加者の反応とか、そういったものを感じることで、より深く訴えかけるものを感じられました。

これまでの復習も交え、4時間なんてあっという間。
イェツィラーを詳しくやりすぎて、ブリアーから上が流す程度になってしまったけど、また別の機会を設けてくれることも決まったようだし(有難い)、正確に言うとまだ終了ではないということのようです。
楽しみはまだ残った^^

毎回感心させられるのは、先生の例えの明快さ。
講座に全く資料などを用意しない、全てフリートークでの解説なのに、淀みなくわかりやすく、例え話を交えてお話しされることには、もう本当に尊敬しかない。

あの例える能力が身につけば、もっとわかりやすく鑑定できるんだろうなという憧れを感じながら、私も日々読書などで知識を蓄えるようにしています。
読み切れない本がどんどん積みあがっている状況でもありますが^^;
しかし執筆もして、各地方で講座もして、お忙しいのに更に読書も、映画を見る時間もあるなんて、いつ寝てるんだろう。
時間の使い方が上手な人、本当に尊敬するわ。

講座の中で気になったワードー集合的無意識ー

心理学的にはよく聞く言葉だけど、こうして聞くまでは改めて調べるようなこともなく、流してしまっているのが現実。
この機会に調べていくことで、ちょっとでも知識を深めていけたらなと思います。

この言葉は、⑨イェソドが無意識に当たるセフィラーで、そこから⑥ティファレトに上がる(目覚める)際の説明に出てきた言葉です。

集合的無意識とは

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

C.G.ユングの用語。人の行動を支配することの多い無意識の力のうち,本能的傾向ならびに祖先の経験した行動様式や考え方が遺伝的に受継がれてきたものをさす。個人的な経験が抑圧されたものを個人的無意識というのに対して,普遍的・超個人的な無意識といえる。

デジタル大辞泉の解説

ユングの用語。個人の経験による無意識より深く、同じ種族や民族あるいは人類などに共通して伝えられている無意識。普遍的無意識。集団的無意識。

大辞林 第三版の解説

ユングの用語。個人的な意識の領域を超えた、民族・集団・人類など人々の集合のもつ無意識。

コトバンクより引用

無意識が個人の体験・経験に起因するものであることに対して、集合的無意識は個人を超えたいわゆる文化のようなそんな枠組にあると解釈しました。

ユングさんは人の心の中に普遍的に存在しているイメージがあると考え、それを元型と呼んだそうです。

例えば母親のイメージは、ふくよかで包み込むような優しさを持った女性というのは、縄文時代の土偶にも表れています。

父親のイメージは、偉大な力で教え導いてくれる、あらゆる知識を身に着け、悟り、権威ある仙人のようなイメージだそうです。
父親偉大過ぎるだろう・・笑

集合的無意識というものは、民族や国を超えて普遍的に存在するもので、これがあることによって「自分」を認識できるのだそう。

確かに、歴史上の出来事や考え方などに共感できるのも、違う国の人と会話が成り立つのも、違う世代の人と会話できるのでも、普遍的なものがあるからなのかも。

そう考えてみると納得がいきます。

⑥ティファレトは惑星では太陽

そのセフィラーの位置からもわかるように、全てのセフィラーの中心部にあり、全ての(マルクトを除く)セフィラーと繋がっています。
そこからもわかるように、ティファレトは調和と均衡の象徴です。
そして太陽といえば、全てのものに光を与える、理想の象徴。

⑨イェソドは土台、惑星では月

⑨イェソドは土台を表しており、集合的無意識というのはここに含まれます。
創造のエネルギーへ向かう土台があって、太陽という理想へ向かっていくということを表しています。

⑨イェソドから⑥ティファレトに向かう径は25「支柱」

タロットでは節制に対応していて、思考や感情といった両極を知って、両極端に傾くことなく、中庸をまっすぐ上がっていくための柱です。

支柱というのは、何事においても大切ですよね。
しっかりと支える軸、考えの軸、意思の軸、それがあるからこそしっかりとした考えを持って、まっすぐに進んでいけるのでしょう。

人間というのは、どうしてもどちらかに偏ってしまうことが多いので、ティファレトに上っていくのも簡単ではありませんね。

上っていくためには、思考だけに偏るのも、感情に偏るのもダメなので、あくまでも中庸を行きましょうっていうお話です。

まとめ

制限された空間の・時間の中で、考えて、噛み砕いて、見えないものにも目を向けて広げていく。
今自分はまだまだ、マルクトから上に向かおうとしている状態。
凝り固まってしまって柔軟性のない私には、ベールを超えるのは大変だけど、ゆっくり地道にコツコツと進んでいけたらいい。
その成長過程で、何かを発見出来たら素晴らしいと思うのです。

ABOUT ME
*MIWA*神奈川県茅ケ崎の数秘・タロットカウンセラー
*MIWA*神奈川県茅ケ崎の数秘・タロットカウンセラー
神奈川県茅ケ崎で数秘&タロット占いやってます。 スピリチュアルに偏らない、現実的な占いです。現状を見て自分の手で未来を拓いていく、そのためのお手伝いとしての占いを提供しています。