占いは的中してナンボなの?

LINE@お友達追加はこちら

友だち追加

Pocket

たまにSNS見てると占い師さんが言っていることがあります

「当たって当然」
「当たらないのは占いじゃない」

占いは的中してナンボなんだと

その当たるってどこのこと言ってる?

過去なのか
現在なのか
未来なのか

確かに
お客様のこれまで歩いてきた軌跡
傾向・性格
それに現状ならわかることは多い

事実そこはお客様と話しているときに

「当たってる!」と反応あるし

でもじゃあ未来は?というと
これは難しい

当たるときもあれば

外れる時も当然ある

もちろん当たることが悪いわけではないよ

ただ当てることに主眼を置くのはどうかな、ということ

多くのお客様が望むのは未来の的中

ちなみにいろいろ見てるとお客様が望むのは
やっぱり未来を当ててほしいということ

でも私は基本未来は当たらないと思っています

だって未来は決まっていないからね

未来が決まってたら
それが占い師にわかってたら
つまらなくないですか?

そもそも未来が的中して当たり前なら
あなた(占い師)には全て視えているんですねって聞きたい

たまに「占い師なんだから当てて当然でしょ」っていう人いるけど

いや当然ではないです

それは予知予言の範疇ですから

救世主出現したのにどうして戦争なくならないの?

 

ちょっと話変わるけど最近読んだ本で

「イエスキリストが救世主なら
なぜ戦争はなくならないんですか?
なぜ貧困はあるんですか?」

って書いてあった

占い師が未来を見通せるなら
もっと世の中変わっていいはずなのに
占い師って胡散臭く見られているのはなぜ?

占いは未来をよりよく迎えるための
ほんの少しの指針を提案できればいいかな

 

占い師はお客様の人生を左右する責任がある!

 

なんて大げさなこと言えない

お客様の人生はお客様のものであって
たかが占い師ごときに左右できるものではない

そう思うことで
先生なんて言われて調子の乗ってしまう占い師
偉そうに説教したりお客様を否定したりする占い師
そんな人もいなくなるんじゃないかな

 

まとめ

ということで
占い師には未来は見えないし
的中が当たり前なんてない

お客様が自分の足でしっかり前進していく
そのほんのちょっと手助けさせていただく

あ、お客様と一緒に楽しんで占いをする

エンタメ要素は必要だと思ってる

帰るときには

「すっきりした」

「楽しかった」

って笑って帰っていってほしいから

私の占いの目的はそこにある

 

当たらなかったってクレーム来ても

それが占いだから仕方ないのよ(笑)

LINE@お友達追加はこちら

友だち追加

ask yourself