マルセイユタロット

マルセイユタロット|小アルカナの覚え方・占い方

Pocket

今多く使われているのはウエイト版タロットですが、

その理由として、カードを見てイメージしやすい絵柄が描かれているからということが大きいでしょう

マルセイユ版の場合、小アルカナの数札には数字しか描かれていないため

読みにくい、イメージし辛いということで敬遠されることもあるようです

ですが、理解してみるとこのマルセイユ版はとても簡単

そしてブレがなく占えるという利点もあるのです

 

小アルカナと大アルカナの違い

タロットカードには大アルカナ、小アルカナとがあり

大アルカナは22枚のカード、

小アルカナは56枚のカードから構成されています

小アルカナ56枚は、更に1~10までの数カードと、

人物が描かれたコートカードに分けられます

それらが棒、剣、杯、金貨の4つのスートに配されています

タロットカードといえば、絵柄が描かれた大アルカナのイメージが強いと思います

占いする際にも、絵を見てイメージしやすいですよね

対して小アルカナは、読みにくい、わかりにくいというイメージが少なくないでしょう

ウエイト版の場合は人物なども描かれ、直感的に読みやすくなっているものの

マルセイユタロットは、ゲーム用カードだったということから、

数しか描かれていないため、リーディングする際には、

絵がないから読みづらい、という人も少なくないです

でも実はこの数カードだからこそ、読みやすいという利点があるのです

 

カードの分類

この4つはそれぞれに、

棒=火剣=空気杯=水金貨=土と4元素(スート)に対応しています

人物が描かれたコートカードもこの4元素に対応しており、

火=ナイト空気=ネイヴ水=クイーン土=キングと表されます

ナイト、ネイヴ、クイーン、キングはランク(階級)と考えます

 

4元素それぞれの意味

棒(ワンド) 熱意、衝動、原動力、火をつける
剣(ソード) 空気 自由、解放、架空、仮に、空想、理想
杯(カップ) 不安定、柔軟性、流れ、波、想像、感情
金貨(ペンタクル) 落ち着く、足、土台、地に足をつける

 

この概要をもとに、読んでいきます

コートカードでスートが表すものは、人物の本質

ランクが表すのは表向きの姿です

数カードの場合は、スートに数字を絡めて読んでいきます

 

数の意味、概要は以下

1 始まり、閃き、未知、閃きが世界を照らす光になる
2 見える、見出す、分ける、価値がわかる人は分けることができる
3 やりたい、欲望、アクションを起こす
4 現実化、形にする、制限、今ある状況の中で形にする
5 理想、上、始まり、向上心、定めることで今よりマシになる
6 夢、見える、想像力、勇気、生きる希望を与える
7 変革の力、前進、未来、信じる力
8 対話、調整、多様性、実現(形になる)
9 無、空を作り出す、問い直す、そもそも、リセット
10 1~9を通過した後で始める、前の繋がりで始める

 

コートカードの場合はスートを読み、更にランクを加えて言語化します

数カードの場合は、数の概念にスートを加えて言語化していきます

こういった読み方をすることで、リーディングに柔軟性を持つことができます

性格にも物事にも2つ以上の要素を含んでいますよね

 

恋愛でもここは好きだけど、こういうところは嫌いとか

仕事でも、納得できないけどそれを抑えればうまくいくから、

と妥協したりすることも必要だったりするでしょう

 

まとめ

マルセイユタロットの小アルカナは、キーワードで覚えるのではなく、

それぞれの性質をうまく読み取ってイメージしていきましょう

この考え方は、ウエイト版を使う際にも利用できます

小アルカナのリーディングがなかなか難しいという方は、

この方法を取り入れてみると、リーディングもわかりやすくなるかもしれません

 

 

 

 

ABOUT ME
*MIWA*神奈川県茅ケ崎の数秘・タロットカウンセラー
*MIWA*神奈川県茅ケ崎の数秘・タロットカウンセラー
神奈川県茅ケ崎で数秘&タロット占いやってます。 スピリチュアルに偏らない、現実的な占いです。現状を見て自分の手で未来を拓いていく、そのためのお手伝いとしての占いを提供しています。